カテゴリー別アーカイブ: 鉄 塗り替え

東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その⑥

皆さんこんにちは^^*

 

 

今日は今まで続いていた、東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装シリーズの最後の記事になります。

 

全ての塗装後各所塗り残しや、膜厚のチェックが終了したのちに足場を解体します。

 

解体後です。

DSCN0777.jpg

うーん。

この日はあいにくの雨だったのであまり映えませんね(´・ω・`)

ちなみに施工前はこんな感じです

DSCN0684.jpg

施工後の写真は雨の日だったので移り映えはしませんが、施工前はだいぶ錆びて真っ赤だったので良くなったと思います。

宇宙線研究所様でのお仕事は大学に行ったことのない私にはなんだか新鮮な感じがしました!!

短い間でしたが充実したキャンパスライフになりました!笑

 

 

 

これで東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装を終わります。

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 

 

 

続く^^*

 

カテゴリー: 鉄 塗り替え | コメントは受け付けていません。

東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その⑤

皆さんこんにちは^^*

 

先日ガーデニングでもしようかしらと近くのホームセンターに行ったら春のお花が沢山あって、衝動買いしまくってしまいました(;^ω^)

下手くそですがなかなかお気に入りの寄せ植え( *´艸`)

ハーブと一緒に植えたので、さわやかーです( *´艸`)

玄関などにお花があるとおうちがパッと明るくなるのでおすすめですよ!

 

と、この話はこの辺にして、前回の記事では錆止め塗料で下塗りを行ったので、上塗りの時の記事です。

二液型の塗料です。

DSCN0739.jpg

もともとの既存の色は実験での影響を考えて艶消し塗料を使用されていました(艶有では塗膜に反射した光によって、実験結果に影響が出てしまうのだそうです)が、今は実験では使用されていませんし、モニュメントとしての塗装工事でしたので艶消しよりもいくらかもちの良い艶有塗料を使用しました。

DSCN0753.jpg

真っ黒ではなく、かなり濃いグレーって感じです。

DSCN0756.jpg

DSCN0755.jpg

入り組んでいるので二人で何度も何度も塗り残しがないかのチェックをしながらの塗装でした。

そして、塗装が完了したのち

膜圧測定です。

DSCN0762.jpg

DSCN0765.jpg

そして異常がなかったのでついに足場解体・引き渡しですがそれはまた次回^^*

それでは今日はこの辺で^^*

続く^^*

 

カテゴリー: 鉄 塗り替え | コメントは受け付けていません。

東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その④

皆さんこんにちは^^*

ううー。

今日は花粉が酷いです…

最近寒い日が多くて花粉はそんなに影響を感じなかったので完全に油断していました…

私は花粉症の症状として、くしゃみ・鼻水は勿論のこと、空咳が止まらなくなるという症状があるので声がガラガラで辛いです…

 

はい。どうでもいい話はこの辺で。

前回の記事ではアポリーブライトを使った、タッチアップ塗装を書きました。

今日の記事は拾い塗りではなく、全体を下塗りした様子です。

今回は二液型の錆止め塗料を使用します。

160301_080659.jpg

拾い塗りは白で塗ったので、全体の下塗りはグレーを使います。

DSCN0747.jpg

細かいところももちろん塗っていきます。

細かい部分は入り組んでいるので中腰になったりしながら塗ったりで、足がぷるぷるしました(;^ω^)

DSCN0743.jpg

DSCN0748.jpg

全て塗れました!

次回は上塗りの記事になります

 

それでは今日はこの辺で^^*

 

 

 

続く^^*

カテゴリー: 鉄 塗り替え | コメントは受け付けていません。

東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その③

皆さんこんにちは^^*

最近は桜の開花発表がありましたね!!

お花見に行きたいです(´・ω・`)

でもかなりの出不精な私なので、また決心がついたころには桜が散っていそうです(´・ω・`)

さてここからは、前回からの続きです!

前回はケレン作業で錆を落としていく記事でしたので、ここからからは塗装の作業に入ります。

DSCN0728.jpg

上の画像の塗料はアポリーブライトといって、赤サビに黒皮被膜を形成することで錆びにくくするというものです。

これを酷く錆びてしまっているところに塗っていきます。

DSCN0727.jpg

上の写真はアポリーブライト塗りたてなので白っぽく見えますが、乾いてくると黒っぽくなっていきます。

そしてその上から、2液型の錆止めを塗っていきます。

DSCN0732.jpg

DSCN0731.jpg

 写真を見ると全部塗っているように見えますが、これは錆が酷い部分を拾って塗っています。

次回は全体を下塗りしたときの記事になります!

それでは今日はこの辺で^^*

続く^^*

カテゴリー: 鉄 塗り替え | コメントは受け付けていません。

東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その②

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

って言うのやめました(笑)!!

だって… 相変わらずすくすくと成長しているんだもの…(笑)

おかげ様で最近はちゃんと食べてる?というご心配をおかけすることもなくなりました! だってご飯が美味しいんだもの!!

とまあこんな話はこの辺で!

ここからは前回からの続きです!

今回は大学の構内で、学校関係者様のほかにもゲストの方々などたくさんの方の往来があったので安全管理はいつにもまして気を付けています。

DSCN0695.jpg

足場の設置が完了したら、構造上どうしても雨水等が溜まってしまう個所があったので水抜きの穴を何か所かにあけました。

DSCN0702.jpg

次に全体を高圧洗浄していきます。

DSCN0707.jpg

DSCN0708.jpg

錆びているところに水をかけちゃうの?とお思いの方もいらっしゃると思います。けれど、大学構内で防塵対策を厳重に行ったところで限界があるのも事実で、もともと雨ざらしになっているものでしたので、機械によるケレンの前に錆によって浮いた既存の塗膜を粗方落としてしまったほうが粉塵の流出をかなり低減できるのでこのようにしました。

実際に洗浄後大きなスーパーのビニール袋いっぱいの塗膜がはがれ落ちました。

洗浄前 少しわかりにくいかもしれませんが錆によって塗膜が浮いてしまっています。 DSCN0689.jpg

洗浄後 角度が違う写真になってしまいましたが、洗浄によって浮いてしまっていた塗膜は粗方落ちました。 DSCN0710.jpg

次に機械ケレンと手ケレンです。 父が機械でのケレンを、私がどうしても機械があてられない部分を手でケレンをしていきます。

DSCN0712.jpg

DSCN0713.jpg

ケレン後の床です。

DSCN0714.jpg

結構な粉塵が出ました。

が、洗浄をしていなかったらこれではすまないほどの量の粉じんが出ていたでしょうね…(;^ω^)

さて、これでケレンが終わったので次回は下塗りについて書きたいと思います!

それでは今日はこの辺で^^*

    続く^^*

カテゴリー: 鉄 塗り替え | コメントは受け付けていません。