カテゴリー別アーカイブ: モルタル住宅 塗り替え

東京都葛飾区でのリフォーム工事 その⑪

皆さんこんにちは^^*

 

今日は東京都葛飾区でのリフォーム工事の総括になります。

まず外観です。

施工前は長く使われていないシャッターや戸袋、業務用冷蔵庫がありました。

DSCN3055.jpg                   施工後はシャッターや戸袋、業務用冷蔵語を撤去し、掃出し窓とひじ掛け窓を設置しました。

DSCN0908.jpg

DSCN0907.jpg

続いて内装です。

以前はお仕事の作業場として使われていたので窓がなく、腰の高さまでモルタル壁となっていました。

DSCN0793.jpg

DSCN0794 - コピー.jpg

施工後です。

DSCN0012.jpg

DSCN0900.jpg

今回は二方に窓を設置したので風通しも以前よりよく、部屋にも多くの光が入るようになりました。

だいぶおうち全体の印象が変わりました。

お施主様からは想像を超える出来で工事をしてほんとに良かったと大変喜んでいただけて本当に良かったです!!

 

ということでこれで東京都葛飾区でのリフォーム工事についてを終わりたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

続く^^*

 

カテゴリー: エアコンの取り付け, クロスの貼り替え, モルタル住宅 塗り替え, リフォーム工事, 内装リフォーム, 内装工事 | コメントは受け付けていません。

東京都葛飾区でのリフォーム工事 その⑧

皆さんこんにちは^^*

もう9月も半ばに差し掛かっているのに相変わらず厳しい残暑が続いていますね(*_*;                今の現場では屋根に遮熱塗料を塗りましたが、塗っている最中は屋根が熱くて熱くて大変でした(*_*;でも、遮熱塗料を塗った後は屋根自体の温度はかなり下がっていて塗料の効果を実感できました!

 

さて前回からの続きです。

外壁のモルタルを十分に硬化・乾燥させたら塗装をしていきます。大体一週間ほど乾燥・硬化をさせます。

ここからの画像は同じ現場ですが、以前リフォーム工事をさせていただいた時の画像です。

モルタル外壁での多くの悩みといえば、クラック(壁のひび割れ)だと思います。そのため使用する塗料を弾性タイルと水性単層弾性塗料という柔らかい塗料を使用し、クラックの防止を行いました。

今回のモルタル外壁についてはどうしてもクラックが出来やすいという問題点がありますし、サイディング外壁にはコーキングの劣化などの問題点がありますのでどちらのほうが良いという事は一概には言えないのかなと思います。

話が少しずれてしまいました(;^ω^)

まず新規の外壁にシーラー(接着剤)を塗ります。

DSCN3155.jpg

そしてシーラーが乾いたら、弾性タイルを吹き付けて模様をつけていきます。今回は既存の壁と模様が合うようにします。この作業を二回行います。

DSCN3164.jpg

弾性タイルが乾いたら再びシーラーを塗って、水性単層弾性塗料を塗ります。

DSCN3176.jpg

完成はこの様になります。

DSCN0902.jpg

ここまでくると外壁もすっかり家らしくなり、完成がグッと近づいたなぁと感じました^^*

ということで今日はこの辺で^^*

 

続く^^*

カテゴリー: モルタル住宅 塗り替え, リフォーム工事 | コメントは受け付けていません。

東京都葛飾区I様邸 モルタル住宅の塗り替え 最終話

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

 

今日は前回からの続きで、東京都葛飾区I様邸でのモルタル住宅の塗り替え工事のお話です^^*

全ての工程が完了後、足場を撤去しました。

施工前写真。↓

DSCN3495 - コピー.jpg

施工後写真。↓

DSCN0081.jpg

今回の塗り替え工事では、現状色に合わせての塗装でというご要望でしたので写真では変化が判りにくいですね^^;

でも、I様には大変ご満足いただけたようでしたので良かったです!

I様、有難うございました!!

これで、東京都葛飾区I様邸でのモルタル住宅の塗り替え工事のお話を終わりにしたいと思います。

I様、この記事をご覧頂きました皆様、有難うございました!!

続く^^*

カテゴリー: モルタル住宅 塗り替え | コメントをどうぞ

東京都葛飾区I様邸 モルタル住宅の塗り替え その⑦

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

 

 

気づけば夏ももうそろそろ終わりですね !

まあもう暦上は立派な秋なんですが(´・ω・`)

涼しくなってきてくれてほっとしています^^

とここからは前回からの続きで東京都葛飾区I様邸でのモルタル住宅の塗り替えのお話です^^*

今日はまだ塗っていなかった屋根の残りを塗っていきます。

東京都葛飾区I様邸 モルタル住宅の塗り替え その④(←リンク貼れていなくてすみません(:_;))には書いていませんでしたが、屋根の塗装を始める前に縁切りを行います。

下の写真のように屋根材と屋根材の間を切って隙間を作る事を目的としています。

DSCN3619.jpg

いつもはタスペーサーという、

上の写真のような器具を

DSCN2891.jpg

写真のように屋根材の間に挿入して縁切りを行っていますが、I様邸の屋根材には相性の関係で使用できなかったので一枚一枚のこぎりで縁切りしていきます。

なんでのこぎり?とおもわれるかもしれませんが、こちらの屋根材は割れやすいものなので色々試行錯誤した結果、一番割れにくくて作業効率がよかったのがのこぎりでした^^;

そして、縁切りが終わったら遮熱塗料専用の下塗りをしていきます。

DSCN0014.jpg

相変わらず物凄く眩しくて目がちかちかします。

DSCN0016.jpg

これで光を反射させて熱を持たせないという原理は納得できますね!

下塗りが乾いたら上塗りをしていきます。

完成写真はまた後ほど載せたいと思います。

ということで今日はこの辺で^^*

今日もお付き合い有難うございました^^

続く^^*

カテゴリー: モルタル住宅 塗り替え, 屋根 塗り替え, 遮熱塗料 | コメントをどうぞ

東京都葛飾区I様邸 モルタル住宅塗り替え その⑥

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

 

 最近また親知らずが傷みます…

うう。

抜きに行かなきゃとは思ってはいたけれども。

いやなんですよねえ(:_;)

でも本格的に痛む前に行ってこようかと思います。

はあ…(:_;)

とここからは前回からの続きで、東京都葛飾区I様邸でのモルタル住宅の塗り替えのお話です^^*

雨どい撤去の後、塗れていなかった部分の下塗り・中塗り・上塗りをして新しい雨どいをつけていきます。

勾配を見ながら 雨どいを留める金具をつけます。↓

DSCN0008.jpg

今回が下から雨どいをガチャンとはめ込むタイプの金具を使用します。

これでまた雪などが雨どいに落ちてきても、雨どいがひしゃげにくくなります。

画面右側が新しい雨どいの設置した個所です。↓

DSCN0013.jpg

このような感じで雨どいを設置していきます。

因みに今回はI様とご相談の上、全体を引き締めるワンポイントとして黒い雨どいをおすすめさせていただきました。

雨どいの設置が終わったら次の作業に移りますがそれはまた次回ということで^^*

今日もお付き合い有難うございました^^

続く^^*

カテゴリー: モルタル住宅 塗り替え, 雨どい交換 | コメントをどうぞ