カテゴリー別アーカイブ: コーキング・シーリングについて。

サイディング住宅の塗り替えについて。コーキング(シーリング)編 ②

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

 

今日は前回からの続きで、サイディング住宅のコーキング(シーリング)について書いていこうと思います。

前回はコーキングの役割などのお話を書いたので今日は実際にコーキングのメンテナンスについて書いてみようと思います。

早速ですがコーキングの改修工事は基本的には打ち替えといって、

既存のコーキングを撤去、

バックアップ材(灰色の物がバックアップ材です)を入れた後、養生をして、プライマー(接着剤)を塗装。

コーキング材を充てんし、ヘラで均してテープを撤去。

という工法を行います。

しかし、窓周りなどは比較的に動きが少なく無理に撤去をしようとすると、サッシを傷つけてしまうことがあるため、増し打ちという既存のコーキングの上にプライマーを塗ってコーキングを重ねて打つという工法をとることがあります。

また、コーキングの打ち替えなどの施工時に重要になってくるのがコーキングの接着面です。

コーキングの接着面とは、壁を切断図で見てみたときに画像のように

三つの接着面があるのが判ると思います。

この三つの接着面すべてにコーキングが接着していることを三面接着といいます。

ですが、基本的にコーキングの接着面は二面接着が善しとされています。

何故かというと、三面接着ではすべての面がくっついてしまい、コーキング材特有の収縮性(伸び縮みする力)が拘束されてしまうためにストレスが集中する真ん中のあたりからバックリ割れてしまうことが多いからです。

それに引き換え二面接着ではそこの部分はくっついていないので、コーキング材特有の収縮性を損なうことなくサイディングの収縮・膨張によるひきつけなどに対応できるようになります。すると、真ん中からバックリ割れるということを防ぐことが出来ます。

新築時やサイディングの張替え時などはハットジョイナーという三面接着を防ぐ部材を入れたり、コーキングの打ち替え時はバックアップ材というこれも三面接着を防ぐためのものを入れてからの充てんになります。

下手な絵ですが、画像をクリックして拡大していただけると解説が見やすいかと思います^^;

そして、このコーキングを打ちかえた後上から塗装を行うことをおすすめします。

何故かというと、折角コーキングを打ちかえても塗装もなにも行わないとなると新しく打ったコーキングが紫外線に直接晒されるということになるので、結果としてまた打ち替えが必要になってしまいます。

勿論上から塗装を行うことで、今後一切コーキングなどのメンテナンスが不要になるかというと決してそんなことはありません。

が、上から塗装を行ってあげることでコーキングを紫外線から守ってあげることが出来るのでなにも塗らないより塗ってあげたほうがコーキングのもちも変わってきます。

しかし、この場合サイディング特有の模様などが失われてしまうことがあります。

参考画像。

↓上の写真の建物塗装後です。↓

少しわかりにくいかもしれませんが、一色で塗るとこのような感じになります。

参考画像2

↓塗装後↓

この様になります。

勿論サイディングの柄を生かしてクリア(透明)な塗料で塗装をすることもできますが、そうするとクリアの塗料はどうしても塗膜が固いものなのでコーキングの伸縮性と合わせたときに割れやすくなってしまうので、一色で塗りつぶすような塗装法よりはコーキングは傷みやすくなってしまいます。

手に天ぷらの衣とかがくっついて固まってしまった時に手を動かすと乾いた衣がバリバリと割れてしまいますよね?それと同じことがクリアでは起きてしまいます。

サイディングはデザイン性に長けている健在なので大変難しい選択かもしれませんが、デザイン性をとるか、メンテナンス性をとるかということになってしまいます。

大体こんな感じなのですが…

最近このご説明をさせていただく機会が増えてきましたので記事に起こしてみました。

このお話はどうしても専門的なお話になってしまい、どなたでも解りやすく!!と思うのですが気づくとだんだん小難しいお話になってしまって…

口頭のご説明だけではなく、この様に書面に起こすことで少しでも皆様のご参考になればと思っています^^*

ただ、この記事はもっともっとわかりやすくできるはずだと思うので日々更新していこうと思います。

途中下手な絵が登場したり、なんだがつらつら長ったらしくなってしまいましたがこれにてサイディング住宅の塗り替えについて。コーキング(シーリング)編は終わります。

皆様今日もお付き合い有難うございました^^

続く^^*

 

カテゴリー: コーキング・シーリングについて。 | コメントをどうぞ

サイディング住宅の塗り替えについて。コーキング(シーリング)編 ①

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

 

突然ですが今日はサイディング住宅の塗り替えについて、主にコーキングについてのお話を書いてみようかなあと思います^^*

まず、サイディングって何ぞや?という方もいらっしゃると思いますのでそこから説明します。

サイディングとは主にセメントに木片などを混ぜ合わせてギュッと押し固めて作られた窯業系サイディングと、金属サイディングなどがあります。

参考画像としては、

 

上の二枚はタイル調の窯業系サイディングです。この他にもいろいろなデザインがあり、デザイン性に長けた建材です。

因みに、現在の新築住宅の7割~8割はこのサイディング住宅だといわれています。

そして、このサイディング住宅で重要なのが今回のお話の主となるコーキングです。

コーキングとは簡単に言うと、目地と目地の間などの隙間などに充てんさせる目地材のことです。

よく、コーキングとかシーシングっていいますね!厳密には少し種類が違うようですが、やりたいことは一緒です!!

下の写真の白いところがサイディング板の継ぎ目で目地の部分です。そしてコーキングを充てんさせたところです。

このコーキングというのはサイディング住宅において重要な役割を持っています。

防水という意味です。

このコーキングが劣化などで破れてしまったりすると、そこから雨水が侵入したりする可能性が高まります。

しかし、コーキングというのは大体10年を目安に打ち替えなどのお手入れが必要になってきます。

新築時のサイディング住宅の多くはコーキングの上には塗装もなにもされていないことが大半ですが、コーキングの劣化の原因として紫外線の影響が大きいのと同時に、建物というのは日々動きがあったり、サイディング板自体も膨張や収縮を繰り返しているものなので画像のように

壁の動きに合わせてコーキングも動いているうちにどうしてもコーキングが裂けたり割れたりしてしまいます。

こうなってしまうと雨漏りに繋がったり、サイディング板が水分を吸ってしまい傷んでしまうことがあります

その傷みがあまりに酷くなってしまうと、一部分または全体的にサイディングの貼り替えが必要になってきてしまうのでコーキングにひびが入っていたりする場合は早目のメンテナンスをおすすめします。

また、特に傷みが酷くなりやすいのは西日が沢山当たる西側に多いようです。

と、今日はいったんこの辺で区切ります。

そして次回はコーキングのメンテナンスについて書いてみようと思います。

今日もお付き合い有難うございました^^

続く^^*

カテゴリー: コーキング・シーリングについて。, サイディング住宅 塗り替え | コメントをどうぞ

埼玉県三郷市H様 サイディング住宅の塗り替え②

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

 

今日は前回の続きで、埼玉県三郷市H様の施工内容をご紹介させていただきます!!

前回続きで次はコーキング関係のお話です。

というか、コーキングって言ってるけどなにそれ??とお思いのあなた!!のためにこれから解説ですー^^*

コーキングとは簡単に言うと、目地と目地の間などの隙間などを埋めて密封するものという感じですかね^^*よく、コーキンギとかシーシングっていいますね!厳密には少し種類が違うようですが、やりたいことは一緒です!!

そんなこんなで、元あるコーキングを外していきますー^^*

こーんな感じでぺろーんと取れました!!

この外したところを、バックアップ材を入れた後、養生の後、プライマー(接着剤)を塗っていきます。

プライマーは透明なのでちょっとよく見えないですね…;;

でも、プライマーを塗装した後はコーキングをむにゅっと打っていきます!

むにゅと打って均して、テープをとった 写真です!

ここではシャープ化学工業さんのシャーピー ペイントセラNBというコーキング材を使いました!!

この材料は、ノンブリード配合で、黒ずみ汚染がほとんどないというものです。ノンブリードというのは、ブリードがないっていう意味なのですが…

ブリードとは、コーキング材の油分が上塗り塗料の上に黒くにじみ出てしまう現象です。画像がなくてごめんなさい;;

とまあこの材料で建物のコーキングをぐるりと打ち替えていきました!

コーキングを打った後は、コーキングが乾くまで時間を置かなければいけませんので、次回は屋根の塗装に入っていきたいと思います。

今日はこの辺で^^~

今日もお付き合いありがとうございました^^*

 

続く^^*

 

 

カテゴリー: コーキング・シーリングについて。, サイディング住宅 塗り替え | コメントをどうぞ