サイディング住宅の塗り替えについて。コーキング(シーリング)編 ①

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

 

突然ですが今日はサイディング住宅の塗り替えについて、主にコーキングについてのお話を書いてみようかなあと思います^^*

まず、サイディングって何ぞや?という方もいらっしゃると思いますのでそこから説明します。

サイディングとは主にセメントに木片などを混ぜ合わせてギュッと押し固めて作られた窯業系サイディングと、金属サイディングなどがあります。

参考画像としては、

 

上の二枚はタイル調の窯業系サイディングです。この他にもいろいろなデザインがあり、デザイン性に長けた建材です。

因みに、現在の新築住宅の7割~8割はこのサイディング住宅だといわれています。

そして、このサイディング住宅で重要なのが今回のお話の主となるコーキングです。

コーキングとは簡単に言うと、目地と目地の間などの隙間などに充てんさせる目地材のことです。

よく、コーキングとかシーシングっていいますね!厳密には少し種類が違うようですが、やりたいことは一緒です!!

下の写真の白いところがサイディング板の継ぎ目で目地の部分です。そしてコーキングを充てんさせたところです。

このコーキングというのはサイディング住宅において重要な役割を持っています。

防水という意味です。

このコーキングが劣化などで破れてしまったりすると、そこから雨水が侵入したりする可能性が高まります。

しかし、コーキングというのは大体10年を目安に打ち替えなどのお手入れが必要になってきます。

新築時のサイディング住宅の多くはコーキングの上には塗装もなにもされていないことが大半ですが、コーキングの劣化の原因として紫外線の影響が大きいのと同時に、建物というのは日々動きがあったり、サイディング板自体も膨張や収縮を繰り返しているものなので画像のように

壁の動きに合わせてコーキングも動いているうちにどうしてもコーキングが裂けたり割れたりしてしまいます。

こうなってしまうと雨漏りに繋がったり、サイディング板が水分を吸ってしまい傷んでしまうことがあります

その傷みがあまりに酷くなってしまうと、一部分または全体的にサイディングの貼り替えが必要になってきてしまうのでコーキングにひびが入っていたりする場合は早目のメンテナンスをおすすめします。

また、特に傷みが酷くなりやすいのは西日が沢山当たる西側に多いようです。

と、今日はいったんこの辺で区切ります。

そして次回はコーキングのメンテナンスについて書いてみようと思います。

今日もお付き合い有難うございました^^

続く^^*

弥広塗装 の紹介

弥広塗装
カテゴリー: コーキング・シーリングについて。, サイディング住宅 塗り替え   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>