東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その②

皆さんこんにちは!!

ほっそり娘です^^*

って言うのやめました(笑)!!

だって… 相変わらずすくすくと成長しているんだもの…(笑)

おかげ様で最近はちゃんと食べてる?というご心配をおかけすることもなくなりました! だってご飯が美味しいんだもの!!

とまあこんな話はこの辺で!

ここからは前回からの続きです!

今回は大学の構内で、学校関係者様のほかにもゲストの方々などたくさんの方の往来があったので安全管理はいつにもまして気を付けています。

DSCN0695.jpg

足場の設置が完了したら、構造上どうしても雨水等が溜まってしまう個所があったので水抜きの穴を何か所かにあけました。

DSCN0702.jpg

次に全体を高圧洗浄していきます。

DSCN0707.jpg

DSCN0708.jpg

錆びているところに水をかけちゃうの?とお思いの方もいらっしゃると思います。けれど、大学構内で防塵対策を厳重に行ったところで限界があるのも事実で、もともと雨ざらしになっているものでしたので、機械によるケレンの前に錆によって浮いた既存の塗膜を粗方落としてしまったほうが粉塵の流出をかなり低減できるのでこのようにしました。

実際に洗浄後大きなスーパーのビニール袋いっぱいの塗膜がはがれ落ちました。

洗浄前 少しわかりにくいかもしれませんが錆によって塗膜が浮いてしまっています。 DSCN0689.jpg

洗浄後 角度が違う写真になってしまいましたが、洗浄によって浮いてしまっていた塗膜は粗方落ちました。 DSCN0710.jpg

次に機械ケレンと手ケレンです。 父が機械でのケレンを、私がどうしても機械があてられない部分を手でケレンをしていきます。

DSCN0712.jpg

DSCN0713.jpg

ケレン後の床です。

DSCN0714.jpg

結構な粉塵が出ました。

が、洗浄をしていなかったらこれではすまないほどの量の粉じんが出ていたでしょうね…(;^ω^)

さて、これでケレンが終わったので次回は下塗りについて書きたいと思います!

それでは今日はこの辺で^^*

    続く^^*

弥広塗装 の紹介

弥広塗装
カテゴリー: 鉄 塗り替え   パーマリンク

コメントは受け付けていません。