東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その③

皆さんこんにちは^^*

最近は桜の開花発表がありましたね!!

お花見に行きたいです(´・ω・`)

でもかなりの出不精な私なので、また決心がついたころには桜が散っていそうです(´・ω・`)

さてここからは、前回からの続きです!

前回はケレン作業で錆を落としていく記事でしたので、ここからからは塗装の作業に入ります。

DSCN0728.jpg

上の画像の塗料はアポリーブライトといって、赤サビに黒皮被膜を形成することで錆びにくくするというものです。

これを酷く錆びてしまっているところに塗っていきます。

DSCN0727.jpg

上の写真はアポリーブライト塗りたてなので白っぽく見えますが、乾いてくると黒っぽくなっていきます。

そしてその上から、2液型の錆止めを塗っていきます。

DSCN0732.jpg

DSCN0731.jpg

 写真を見ると全部塗っているように見えますが、これは錆が酷い部分を拾って塗っています。

次回は全体を下塗りしたときの記事になります!

それでは今日はこの辺で^^*

続く^^*

弥広塗装 の紹介

弥広塗装
カテゴリー: 鉄 塗り替え   パーマリンク

コメントは受け付けていません。