東京大学柏キャンパス 宇宙線研究所様にて鉄部の塗装 その⑤

皆さんこんにちは^^*

 

先日ガーデニングでもしようかしらと近くのホームセンターに行ったら春のお花が沢山あって、衝動買いしまくってしまいました(;^ω^)

下手くそですがなかなかお気に入りの寄せ植え( *´艸`)

ハーブと一緒に植えたので、さわやかーです( *´艸`)

玄関などにお花があるとおうちがパッと明るくなるのでおすすめですよ!

 

と、この話はこの辺にして、前回の記事では錆止め塗料で下塗りを行ったので、上塗りの時の記事です。

二液型の塗料です。

DSCN0739.jpg

もともとの既存の色は実験での影響を考えて艶消し塗料を使用されていました(艶有では塗膜に反射した光によって、実験結果に影響が出てしまうのだそうです)が、今は実験では使用されていませんし、モニュメントとしての塗装工事でしたので艶消しよりもいくらかもちの良い艶有塗料を使用しました。

DSCN0753.jpg

真っ黒ではなく、かなり濃いグレーって感じです。

DSCN0756.jpg

DSCN0755.jpg

入り組んでいるので二人で何度も何度も塗り残しがないかのチェックをしながらの塗装でした。

そして、塗装が完了したのち

膜圧測定です。

DSCN0762.jpg

DSCN0765.jpg

そして異常がなかったのでついに足場解体・引き渡しですがそれはまた次回^^*

それでは今日はこの辺で^^*

続く^^*

 

弥広塗装 の紹介

弥広塗装
カテゴリー: 鉄 塗り替え   パーマリンク

コメントは受け付けていません。