ウレタン防水 通気緩衝工法その②

皆さんこんにちは^^*

今日は前回からの続きで、ウレタン防水の通気緩衝工法について書いていきたいと思います!

この現場は現地調査の時点で床面の劣化が激しい事を想定していたので、床面の洗浄後下地調整材を使い調整をしていきます。

DSC_0130.jpg

この材料はセメント系の調整材です。今回の通気緩衝工法というのは自着通気緩衝シートという特殊なシートを床面に貼り付ける工法のため素地が凸凹がひどい場合などはシートが破れてしまったりすることもあるため、このような下地調整材を使って平らにしていきます。

DSC_0111.jpg

ローラーとゴムベラを使って立ち上がり部分などにも調整材を塗っていきます。そして、この調整材が乾いたら次の工程へ移りますがそれはまた次回の記事でまとめたいと思います!!

 

 

それでは今日はこの辺で^^*

 

 

続く^^*

 

弥広塗装 の紹介

弥広塗装
カテゴリー: ウレタン防水, 通気緩衝工法   パーマリンク

コメントは受け付けていません。