施工実績works

サイディング外壁・スレート屋根・FRP防水の塗り替え工事

  • 屋根工事
  • 防水工事
  • 塗装工事

施工概要

地域 埼玉県三郷市
構造 ツーバイフォー工法 サイディング外壁
工事内容 ・コーキングの打ち換え                            ・外壁の塗り替え                                 ・屋根の塗り替え                                    ・ベランダのFRP防水トップコートの塗り替え                  ・玄関ドアの塗り替え                       
こだわり こちらの建物では経年劣化による外壁の傷みが強かったので既存のサイディングの模様や色味を生かすクリアー塗装ではなく、新しい色で塗る塗りつぶし塗装をご提案いたしました。                                      サイディングの目地材であるコーキング材は塗膜に影響が出にくく、柔軟性に優れたものを使用しました。                              外壁には2液型の弾性弱溶剤のものを使用しました。               塗膜が柔らかい弾性のある二液型の弱溶剤を使用することで、サイディングの目地に詰めたコーキングの破断を軽減させることができます。               屋根の塗装では、タスペーサー工法という工法で行いました。                スレート屋根の場合、屋根材と屋根材の重なっている間に差し込むことで、屋根材の間に適度な隙間と通気性が確保でき、毛細管現象(水の表面張力により、細い管状の物体(毛細管)の内側の液体が、管の中を上昇又は下降する現象の事。          【植物が水を吸い上げるのもこの毛細管現象によるのもなので、それを想像していただけるとわかりやすいかもしれません】                            屋根でいえばスレート屋根の細かなひびや隙間から雨水が上へとあがり、雨漏りへとつながることがあります。)を防ぐことができます。                     また、雨水の水切れもよくなることから、このタスペーサー工法をご提案いたしました。                                     ベランダのFRP防水は、現状としてトップコートの劣化は見られましたが防水面としては著しい劣化等問題が見受けられなかったため、今回はトップコートの塗り替えを行いました。