施工実績works

ウレタン防水工事

  • 防水工事

施工概要

地域 東京都台東区
工事内容 ・高圧洗浄 ・伸縮目地撤去 ・目地内の清掃 ・目地の処理        ・目地部、大きなクラック部分の補強作業 ・プライマー(接着剤)塗布    ・ウレタン樹脂の塗布一回目 ・ウレタン樹脂の塗布2回目         ・トップコート塗装
こだわり 今回の施工はウレタン防水の密着工法でしたので、施工後の防水塗膜の膨れを軽減させるため、脱気路の確保を丁寧に行いました。                  以前施工されたウレタン防水工事では、伸縮目地の撤去は行われずその上からウレタン樹脂が塗布されていたため、硬い伸縮目地に引っ張られ防水膜の破断を起こしていたようです。                                実際に既存の伸縮目地を撤去してみると、目地内には水がたまった状態でした。      屋上防水では一般的にアスファルト押さえ防水がされているため、一次防水となるアスファルト防水のおかげで雨漏りはしていませんでした。           ですが、この状態が建物にとっていい状態とは到底言えない為、今回の工事でしっかり目地の処理を行いました。                     雨水とともに入りこんだ砂や埃などもブラシや掃除機できれいに清掃を行いました。 清掃後の目地にバックアップ材を下に空間を持たせながら詰め、その上をコーキングで平らにしごくことで、目地を湿気や結露などを逃がす通り道にすることができます。 この脱気路をきちんと確保することで、防水膜の膨れなどを軽減することができます。                             また、大きなクラック(ひび割れ)が数か所確認されたため下処理をした後、目地部とともに補強材のガラスクロスを使い補強しました。              こうすることで、建物の動きによって目地部分などの防水膜の破断を防ぐことができます。