施工実績works

ちょっと小話編~台風シーズンによく聞く工事トラブル~

  • ちょっと小話
  • 屋根工事

皆さんこんにちは!

やっとうだるような暑さも抜け、秋の風が心地よい季節になりましたね!

個人的にも秋は過ごしやすく大好きな季節ですが、一つ心配事として台風のシーズンであるということがあります。

最近の台風は大型になるものも多く、毎年多くの被害が出ています。

そんな中毎年のようにこの台風シーズンになるとよく耳にする工事トラブルがあります。

それは、屋根の工事トラブルです。

手口としては、工事業者風の人間が「今近所で工事をしているものだが、たまたまお宅の屋根を見たら屋根材が割れている・剥がれているから今すぐ直さないと雨漏りしますよ!」と突然自宅に来る。というものです。

場合によっては、すぐに見てあげるからといい屋根にあがり、何も問題のない屋根をわざと破損させそれをあたかも台風被害によって起きたもののように見せ、写真に撮ってお客様に提示し工事にこじつけるということも実際に多発しています。

もし仮にこのような怪しい工事業者が来た時に覚えておいていただきたいことがあります。

 

屋根材が割れたり、ずれたり、落っこちたとしても、ただちに大きな被害が出るほどの雨漏りは起こらない。ということです。

屋根の防水の要となっているのはルーフィングという防水紙です。この防水紙が破れたりめくれ上がらない限りは、直ちに大きな雨漏りを起こすということは考えにくいです。

勿論、本当に屋根材が破損している場合、放置しておくことは建物にとって健全な状態とは言えない為早期のメンテナンスをご検討いただく必要があります。

なので、ほかの業者への見積もり依頼などをご検討いただければと思います。

決してその場で屋根に上がらせてはいけません。その場で契約してはいけません。

緊急時こそ冷静に。とても難しいことですが一番大切なことかもしれません。

 

 

 

一番はそんないい加減な業者が今くなることなのですがね…

と、小話がだいぶ長話になってしまったので今日はこの辺で。

 

 

皆様台風にはお気を付けください!!

 

 

 

 

おわり